着物 袖丈 決め方 4

身丈の決め方と注意点 また着物の格やかたい着物、やわらかい着物などで多少長さを加減したりします。 着丈とは肩山から裾までの長さをいい、おはしより分の長さとは首から頭の頂点までの長さで25センチから27センチ程度(6寸5分から7寸)をいいます。 先日、このブログでご紹介した、フランス人の「マリー」さんから、お礼のメールが届いた。私は、単なる「小売店主」であり、「研究者」ではないので、確固とした答えにはなっていないと思うのだが、それでも「少し」は役に立てたようである。, また、先日マリーさんとのやりとりを、このブログ上で紹介したことも、嬉しかったようだ。「mayishitar」という名前は、職業上での「通称」のようなもので、本名はやはり、「marie(マリー)」さん。職業は「パリのデザイナー」だそうだ。, 日本の服飾文化に興味を持ち、民族衣装としてのキモノを知り、その中から「加賀友禅と推測される品(型使いのものだったが)」を自分で求め(どのような経緯で、あの品物を手に入れたのかわからないが)、疑問があれば、直接質問して理解を深めようとする。「デザイナー」という職業的な意識の中から、「東洋の不思議な衣裳、キモノ」への関心が生まれたと思えるのだが、中々探究心のある方とお見受けした。, マリーさんは、日本語を全く理解できないし、私もフランス語が全くわからない。「自動通訳」だけが頼りなのだが、おそらく書いていることの「半分程度」しか、読み取れていないだろう。お互いに「変てこな訳」から、ある程度内容を類推している。それでも、何とか意志の疎通が図れるのだから、不思議なものだ。ただ一つ心配なのは、マリーさんが「呉服屋」というものは、みんなバイクを使って仕事をしている職業だと思わないか、ということである。, さて、今日は「キモノの袖」に関する話の続きをしてみよう。前回は袖の「振り」というものに注目して、その歴史的な経緯なども書いたが、今回は、「袖丈」の寸法そのものについて考えてみたい。, お客様との話の中でよくあることの一つに、「キモノと襦袢の袖丈の寸法が合わない」ということがある。「袖丈」が合わないとどうなるか。キモノの袖丈より襦袢のほうが長いと、キモノの袖の中で襦袢の袖が余り、ぶくつく。逆に襦袢が短すぎると、キモノの袖から襦袢の袖が飛び出してしまう。, キモノと襦袢の袖丈における長さの基準というものがある。例えばキモノの袖丈が1尺3寸であれば、それに見合う襦袢の袖丈は1尺2寸7、8分。だいたいキモノと襦袢の寸法差を2分程度にしておけば、中で襦袢がからまることもなく、また外に飛び出すこともない。, キモノと襦袢を「同寸」にしておくというところもあるようだが、ほんの少しだけ襦袢の方を短くしておいた方が、スムーズだと思う。, 袖丈の寸法というものは、品物や年齢、また使う方の体格によっても違いがあり、「画一的」ではない。いちおうそれぞれ「基準」となる寸法が存在するのだが、一般のお客様にそのことがあまり浸透していないように思われる。そして、以前「裄」の寸法のところでもお話したのだが、昔の寸法の基準というものが、現代女性の体格の変化(とくに身長)により、合わなくなっている。, これから、いくつかのアイテムごとに、現代の体型に見合う「袖丈」というものを少し考えていこう。, (黒地四つ身友禅小紋・袖丈1尺3寸5分・約51cm 朱地小紋・袖丈1尺8寸・約68cm), 子どもの祝着の袖丈というものは、やはり長い方がかわいい。だから、出来る限り長くしておきたい。もちろん歩いている時に、袖を地面に付かない程度にはしなければならないが、仕立てを受ける時に長さを確認しておけばすむことだ。, 上の画像、黒地の方は、「三歳祝着」の時の、標準的な袖丈の寸法である。女児の身長は95~100cmほどなので、このくらいの丈であれば、引きずることはない。長い袖のキモノと被布の組み合わせは、三歳の時にしか出来ない「愛らしい着姿」となる。, 朱地は「七歳祝着」の寸法。小学校1年生女児の身長は115~125cm。この頃になると少し個人差が出てくるので、使う子の大きさにより袖丈の長さが変わる。背の高い子だと、「2尺(約75cm)」の袖丈にするような場合もあり、「小振袖」のような感じになる。七歳の時には、初めて本格的な帯結びをするので、子どもらしさと女の子らしさが同時に出せるように、長い丈にしておきたい。いずれにせよ、「反物」から作ると、着る子の体格に合わせて自由に寸法を取り、仕立てをすることが出来る。仕立てあがった「プレタ」のキモノとの違いは、この辺りにもある。, 次ぎに、「付下げ」を例にとって「フォーマル」の袖丈を考えてみよう。一口に「フォーマル」といってもキモノには様々なアイテムがある。前回少し触れた、「振袖」には、「大」、「中」、「小」の「振袖」があり、それぞれ、「大は3尺・約114cm」・「中は2尺5寸・約95cm」・「小は2尺・約76cm」である。「振袖」は未婚者の「最上位の格」に当たるもので、「長い袖」は、未婚者の象徴でもある。, 「黒留袖・色留袖」と「訪問着・付下げ」とでは、「フォーマル」としての位置づけが違う。留袖類は「第一礼装」であり、キモノとして「最上位」に当たる。この留袖類は、使い道が身内の婚礼か、叙勲の授与式などに限定されていて、「未婚者」が使うことはあまりないと思われる(独身者が増えた昨今では、そうとも言い切れないかもしれないが)。という訳で、留袖類の袖丈は、長くはなく、1尺3寸~4寸(約49cm~53cm)くらいがほとんどだ。, ここで、「兄弟」の結婚式に参列する場合を例として、考えてみよう。姉でも妹でも「既婚者」であるならば、使うものは留袖になる。では、「未婚者」であるならば、どうであろう。姉・妹ともに30歳前後より下の年齢ならば、着用するアイテムは「振袖」でよいだろう。ただ、年齢に関りなく(例え二十歳代でも)、結婚する人より年上の「姉」の場合には、「振袖」を使うことには抵抗があるという方もいる。そうなると着るのは「訪問着か付下げ」になる。(私は「振袖」でもよいと思えるが) また、「妹」でも30歳をかなり過ぎていれば、やはり振袖よりも「訪問着・付下げ」ということになろう。, 訪問着・付下げというのは、着用する方の「年齢」あるいは「結婚しているか否か」で、「袖丈」が変わる。年齢を追って、「振袖」の次ぎに作るフォーマルというのは、訪問着あるいは、付下げになる。そして、20歳代の未婚女性がこれらを作るとき、袖丈はやはりある程度「長く」したい。, 着る方の身長にもよるが、だいたい1尺5寸~8寸(約57~68cm)程度と考えられる。訪問着や付下げは、あらかじめ反物の「裁ち位置」というものが決まっているため、袖丈においても長さには「限界」がある。上の画像でわかるように、黒地と茶地の二反の付下げの袖丈を測ってみると、どちらも、最高の長さが1尺7寸5分(約66cm)になっている。, だが、これが「既婚者」の場合は、いくら年が若くとも、長い寸法にはしない。だいたい1尺3寸~5寸(約49cm~57cm)の間に落ち着く。こう考えれば短い袖丈は「既婚者」である証のようにも思えるが、ただし背の高い方は、少し丈を長くしておいた方が、バランスの良い着姿になる(身長160cm以上だと1尺4寸・170cm以上だと1尺5寸くらいが適当かと思う。)それと同時に考え方として、フォーマルモノの場合、カジュアルモノよりも少しだけ袖丈を長くしておくことが多いことを覚えておいて頂きたい。, このように、付下げや訪問着の袖丈というものは、「未婚・既婚」の違いや、年齢、また体格の違いなどにより、ある程度長さに「基準」のようなものが以前からある。, ただ、昨今の「独身者」の増加により、すこし悩ましい時もある。例えば、4,50歳代の「シングル」の女性の袖丈はどのようにするか、という問題に当たる時、「シングル」なので「長い袖」にするのか、それとも「年齢」によって「短い袖」にするのか、迷いが生じる。こんな時、私は「体格」から袖丈を決めるようにしている。ただし、それも当然1尺5寸を越えない範囲で考えなければならないのは言うまでもない。, 振袖の次ぎのフォーマルとして作られた、若い時の長い袖の訪問着・付下げ(1尺5寸~8寸)も、「既婚者」になるか、あるいは「年齢が進めば」、丈をつめる必要が出てくる。着用の際には、このあたりのことは、気に留めておかれるとよいだろう。, (左から1尺5寸 約57cm・1尺3寸 約49cm・1尺2寸 約45センチの袖丈), 今度は、「フォーマル」というところから少し離れて、「カジュアルモノ」の袖丈について考えてみよう。昔、キモノが普段着として生活の中に定着していた頃は、日常の家の仕事をする時、「長い袖」というのは、邪魔になったと思われる。, そういう意味においても、先ほどお話したように、「フォーマル」の袖丈の方が「カジュアル」よりも長いものになっていた。, 紬や小紋などの日常着の袖丈は、未婚の20代の方といえども、そうそう長くはしない。どんなに背の高い方でも1尺5寸(約57cm)までである。浴衣などは、ほぼ1尺3~4寸に固定されている。一般的には、1尺3寸(約49cm)の袖丈というものが、もっとも「ポピュラーな標準寸法」として知られている。それは決して間違いではないが、私は、少しは着る方の「体格」も考慮して、丈は決められるべきだと考える。, そもそもこの1尺3寸という基準は、女性の身丈の「並寸法」が4尺程度(平均身長が152,3cmだった時代)の頃に、割り出された袖丈である。今の平均身長は160cm近くになっていて、これを考える時、この寸法では短く感じてしまい、せめてもう1寸長くして、1尺4寸を袖丈の「標準寸法」とした方が、時代には合っているように思われる。, また、年配の方には、これより短い1尺2寸(約46cm)程度の寸法を選ぶ場合があるが、これもその方の体格と関りがある。年齢が進むと、次第に身長が低くなることもあり、70、80代の方の袖丈は、自然と短いものになっていく。これも、体格と袖丈のバランスを考えた上の選択の一つと言えよう。, ここまでお話してきて、キモノの「袖丈」という寸法は、画一的な決め方がされるものではなく、品物・年齢・体格、それに未婚か既婚かによって、変化するものとご理解頂けたと思う。, 「袖丈」は伸ばしたり、縮めたりしながら、使いまわしていくと考えることで、長くも使え、後の世代に譲ることが出来る。それは、例えば最初から2寸程度の縫込みを入れておけば、背の高い人が使うことも出来るし、また短くする時には、切り落としたりせず、ある程度中に入れておけば、また元の袖丈に戻せる。, つまり、一枚のキモノを長く使うということ(誰かがキモノを受け継ぐこと)を、常に頭の片隅に入れておくことが、ある程度「年齢」や「体格」に応じて「直すことができるような工夫」につながるということなのである。, もう一つ「袖丈」で大切なのは、既婚者になった時や、ある程度年齢が進んだ時などに、「寸法を決めてしまうこと」であろう。例えば、フォーマルもカジュアルも(持っているどんなキモノもすべて)1尺4寸に統一してしまうとか、フォーマルは1尺4寸、カジュアルは1尺3寸と決めるとかである。, こうすることにより、「襦袢の袖丈」と「キモノの袖丈」が「まちまちになる」という心配はかなりなくなる。キモノの袖丈が品物によって違っていたら、その違った寸法の分だけ、襦袢が必要になる。これでは、効率が悪いばかりか、使う時にいつも、キモノと襦袢の袖が合っているかどうか、いちいち確認しなければならない。, 今日は、「袖丈の寸法」ということで話を進めてきたが、あまり上手な説明になっていないことが、自分でもわかる。ここまで読まれた方は、一応ご自分の袖丈がどのくらいになっているか、確認されるとよいと思う。品物により、寸法に違いはないか、あるいは一緒に使おうとしている襦袢の袖丈と合っているかどうかなどを知っておけば、着用の時に、スムーズな準備が出来るように思う。, このブログの、「寸法」についての稿がいつもわかりにくいことを、最後にお詫びしたい。, 前回の「江戸期の振袖」の記述を考えると、「未婚者」は「袖を長く」、「既婚者」は「袖を短く」というのが、この時代における「丈の基準」だったように思えます。, 「未婚者」の増加や、「晩婚化」、それに体型の変化などが、「キモノの袖丈」の変化に影響を及ぼしています。もしかすると、この先「袖丈の長さ」は「着る本人の自由」という時代が来るかも知れません。, 今から百年後、キモノというものがどのような形で存在しているのか誰にもわかりません。「今とほぼ同じ形」で残されているか、かなり「特異なもの」として存在しているか、さてどうなることやら。, このブログに掲載されている品物は、全て、現在当店が扱っているものか、以前当店で扱ったものです。, 呉服屋の仕事は時代に逆行している仕事だと思う。利便性や効率や利潤優先を考えていたら本質を見失うことが多すぎるからだ。 ご自分の体のサイズにピッタリ合うようにと、す……続きを読む, つまり今よりも小柄な方が殆どだったので、アンティークの着物自体がスモールサイズであると思っておくべきでしょう。, 寸法直しと仕立て直しの違いとは? 極端に小さすぎる着物は買取査定が安くなる傾向が強いですが、反対に大き過ぎる着物はどうなるでしょうか? 着物を着るとき、襟の向きが左右どちらか迷った経験はありませんか?着物の襟の向きには左右意味があるため正しい向きで着ることが大切です。この記事では着物の襟の向きについてはもちろんのこと、着物選びで参考にしたい帯の色や素材の合わせ方などを紹介しています。 あなたの着物のお悩みあれこれに、ワノコト着付け講師が答える「きものお悩み相談室」。今回お悩みは「長襦袢と着物の袖丈」についてです。, 一目惚れして購入したリサイクルの着物、着てみたら持っている長襦袢と袖丈が合わない!こんな経験をしたことがある人も多いのでは?, 誂えたお着物と長襦袢はサイズが勿論合うのですが、市販の長襦袢と誂えた着物、または、誂えた長襦袢と出来上がりの着物やリサイクル着物との袖丈が合わずどうすればいいでしょうか?, さて、お尋ねの袖丈。着物と長襦袢、袖丈の違いがあるとぴったりと収まらず、悩ましいですよね。まずはじめに着物の袖丈についてお話しますね。, 現在、着物の袖丈(振袖以外)は平均して、1尺3寸(約49cm)の袖丈のものが多くなっています。, 仕立て上がった状態で販売されるプレタ着物や浴衣、また、市販の長襦袢などのほとんどが、着物サイズによらず袖丈はこの長さで仕上がっています。, ただし、ご自分でお仕立てしたものなどは好みも反映されるので、その限りではありません。袖丈はご自分の好きな着姿をつくる大切なポイントのひとつです。, リユース着物などはそんなまちまちの長さのものもありますし、また、アンティークの着物などは時代柄長目のものも少なくありません。, ちなみに私は身長もあり袖丈も長目が好みなので、反物で長さがとれる場合は1尺5寸(約57cm)で、紬など反物の長さがやや短い時には1尺4寸(約53cm)で仕立てます。, 49cmのものもあるので、ご相談のように長襦袢は悩みどころで、私はいくつかの袖丈のものを用意しています。, 身頃が晒し布の半襦袢に半襟が付いており、お手持ちの裾除けに合わせて襦袢として着用できます。袖が筒袖なので、お着物の袖の長さを気にすることなく着ていただけます。, また、うそつき襦袢(長襦袢のように一部式のものと上下に分かれている二部式のものがある)などのように身頃部分は晒し布で半襟がついており、袖と裾除け部分に柄布のものがついている襦袢も便利です。, 袖部分がマジックテープなどで付け替えができるものもあるので、袖部分のみいくつか長さ違いを用意して合わせることができます。, また、もし着物を買われるさいには、お手持ちの襦袢の袖丈のメモも持って、それに合うかどうかもご一考してくださいね。, ワノコトお悩み相談室では、みなさまからの着付けや着物に関するお悩みを募集中です。どなたでもお気軽にお悩みをお寄せください♪. 一般的な袖丈は一尺3寸に仕上っていると思いますが、私の着物の袖丈は4寸に仕立てておりました。, 逆にぐっと短くすると、筒袖と言って、それは作業の邪魔にならないようにという配慮であって仕事着ということになります。, 我が家は母が着物の仕立てが出来ますし、ありがたいことに母はお針仕事の好きな人です。, ですが、仕立て上がりの着物がとてもお安く売られているので、それを求めましたら袖丈は3寸です。, 2部式の襦袢は、着付けに慣れていない人には、襟が浮いてきたりするのを引いて直しやすいなど使い勝手が良いです。, 長襦袢用の反物を買って、うそつきの袖とお腰を作るのですが(胴の部分はさらし)、一組作っただけでは生地が余ります。, 4寸の袖は取れないけれど、3寸なら作れそうということもあり、母お手製に3寸が加わりました。, さてと、着物の袖を通した時に、袖が合わない!となりますと、今日着ようと決めていたその着物を変えるか、襦袢を脱いで袖の合うものに着替えるかどちらかです。, 襦袢の袖の方が長い場合は、多少もたもたしますが、我慢のしようもあるのですが、襦袢の袖が短いのは、みっともなく目立ちます。, 洗えないということもあって、もったいないのであまり着なかったのですが、宝の持ち腐れになると気付き、昨年の冬は愛用しました。, 洗えませんが、袖口はAベンジンで拭いて、襟は二日ほどで取り換えて、襟だけを洗います。, 狭い自宅を駆使してのお茶事を一番の楽しみとしております。 い方はご注意を, 着物を仕立てる際に必要な寸法, 衿下(褄下)寸法の決め方と注意点. hohoan(歩々庵)は歩々起清風から取りました。, hohoanさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog 手間をかけて作った品物をおすすめして、世代を越えて長く使って頂く。一点の品に20年も30年も関って、その都度手を入れて直して行く。これが基本なのだろう。 着物を着るとき、襟の向きが左右どちらか迷った経験はありませんか?着物の襟の向きには左右意味があるため正しい向きで着ることが大切です。この記事では着物の襟の向きについてはもちろんのこと、着物選びで参考にしたい帯の色や素材の合わせ方などを紹介しています。 こちらでは振袖の袖丈の決め方についてお伝えしております。 通常振袖の袖丈のほうは、109センチ~115センチと決まっていますが、 身長が低かったり、高かったりで袖丈の方が気になってしまうのではないでしょうか? 一般的な袖丈は一尺3寸に仕上っていると思いますが、私の着物の袖丈は4寸に仕立てておりました。 お袖は長い方がはんなりとしていて好みです。 逆にぐっと短くすると、筒袖と言って、それは作業の邪魔にならないようにという配慮であって仕事着ということになります。 まず大前提の知識をここでお伝えします……続きを読む, これから着物を購入しようと考えている方は、予備知識として自分にぴったりと合う寸法の測り方をチェックしておいてください。, 評価基準を用いて"評判が高い着物買取業者"を厳選 以下の5つの基準から……続きを読む. それは決して間違いではないが、私は、少しは着る方の「体格」も考慮して、丈は決められるべきだと考える。 そもそもこの1尺3寸という基準は、女性の身丈の「並寸法」が4尺程度(平均身長が152,3cmだった時代)の頃に、割り出された袖丈である。 振袖の袖丈の計算方法. All rights reserved. ネットの通販やリサイクルサイトで着物を買いたいと思っても、ネット通販の場合は実物を試着する事ができません。, それに普段はあまり着る事のない着物については、自分に合う着物のサイズの測り方さえよく分からないので、つい買いそびれてしまう方がとても多いのです。, 着物のサイズの測り方は、普段着なれている洋服とは全く違います。失敗しない着物の選びのために、正しい着物の測り方について詳しく説明していきましょう。, 着物の処分方法や売る方法を悩む方は少なくありません。でも、着る機会のない着物を自宅で眠ったままにしたり、タダでゴミに捨ててしまうのは実はすごく勿体ないことなのです。, 着物が高騰している今、着物買取や処分方法で損しないために、確かな鑑定眼と專門の査定知識を有した経験豊富な買取業者『バイセル』に今すぐ依頼しましょう!, では早速着物の寸法の測り方に入っていきますが、その前に着物の各部位の名称を知っておかなければなりません。, 実は着物には身丈(みたけ)、裄(ゆき)、衽(おくみ)、袖(そで)など読み方がよく分からないパーツや、全く聞き慣れない言葉が多くあります。, 和服は身体に生地を被せて着る懸衣(かけぎぬ)型という服装に属します。つまり長着を体にまとって、帯で形を整えながら結ぶ付ける事によって着つけます。, また長襦袢や羽織やコートもありますから、これらを美しく着こなすためには部位ごとの名称をある程度知っておく事は肝心でしょう。, 着物のサイズを測る部位はたくさんありますが、その中でもメインとなる寸法が3つあります。, 二つ目は裄丈(ゆきたけ)といって、両手を広げた時の首の付け根から手首のくるぶしまでの長さの寸法、そして三つ目が袖丈(そでたけ)といって着物特有の袖に付いた袋状の部位のサイズです。, まずはこの3か所の測り方をしっかりと覚えておけば、それなりに格好良く着る事ができます。, 男性は直立してうなじの骨の突起(頸椎点)から、踵(かかと)の中央部分までを直線で測ります。, 女性の場合は、身長がそのまま身丈となるのが一般的で、好みによって微調整をします。また着丈とは着付けた際の着物の長さを指します。, 裄丈は腕の長さの事ですが、着物から測る場合は衿(えり)の中心の背縫い部分から袖(そで)の先端までの直線距離になります。, 測り方は、直立して利き腕を水平にのばし、うなじの中心から肩先を通り手首のくるぶしの中心までの距離を測ります。, この丈は好みによってサイズを指定する事ができますが、一般的には身長160cm前後の方で49cm(1尺3寸)というのがセオリーです。この寸法を基準として5分~1寸程で調整します。, 先に挙げた3つの基本寸法の他にもたくさんの部位があります。例えば前身頃・後見頃という言葉は聞いた事があるでしょう。, また衿(えり)や袖口の寸法などがあって、それぞれが細かく寸法分けされているので知っておいてください。, また前身頃は左右にあって、左を上前・右を下前と呼んで、着付けた時にこの部分が重なり合います。また前身頃の裾の部分の幅は前幅と呼びます。, 衽(おくみ)とは前身頃の体の中央部にあたる布の部分を指します。具体的には、前身頃の肩の付け根から裾まで垂直に線を引き下ろした内側の布の部分の事です。, 衽丈とは、左右の衿が胸元で重なる部分にあたる剣先から、垂直に裾まで伸ばした直線距離を意味します。, つまり衽の一番上から下までの長さを計る寸法という事で、着物の丈の取り方でその寸法も変わってきます。, この衽先とは、前身頃と衿と衽が合わさる部分で、その布の形が細く尖っているため剣先(けんさき)とも呼ばれています。, 合褄幅は衿の縫い付けからすぐ下の衽の幅の長さで、衿先・剣先の衿付け止まりまでの位置で図る衽の横幅の寸法を意味します。, 標準寸法では3寸8分(約1.5cm)とされていて、裾の衽幅よりも数ミリほど狭くなるのが一般的です。, つまり着物の前身頃についている衽の上端の部分を指し、衿と前身頃に挟まれた斜めにとがっている部分で、その形が剣の先の様になっている事からこの名前が付いています。, 衿下とは衽の衿先の縫い付け位置から裾までの部分を指します。つまり前身頃の衿先から裾までの直線距離の事です。, また衿下の事を褄下(つました)・竪褄(たてつま)とも言います。ちなみに衿下の標準寸法は、身長の半分に数センチ加えて計算します。, 褄先とは、衽の衿先の縫い付け位置から裾までの部分にあたる衿下と裾との角にあたる部位です。, 身八つ口は女性用の着物に限った部位で、身頃と袖を縫い合わせた脇部分に空いた穴を指します。, 後身頃とは後ろ側の脇縫いから背中の縫い目までの部分で、肩の山のところから裾までの布地を指します。, つまり背中を覆う後ろの部分の布の事で、後ろ身とも呼ばれています。後身頃は左右に2枚の身頃からなっていて、後身頃の幅は後幅と言います。, 背縫いとは左右の後身頃をつなぎ合わせた縫い目の事です。和裁では一般的に左右の後ろ身頃を縫い合わせる技法をよく使い、この点は洋裁と大きく違う部分です。, また着付けたときに、背縫いが背骨にキレイに沿って縫われていると美しさが強調されます。, つまり身頃の肩山の幅の寸法のことで、この肩幅と袖幅を併せた寸法が裄(ゆき)にあたります。, また衿肩あきの事を壺とも呼んでいて、襦袢や長着や羽織などに衿を付けるため、背縫いの衿に接する部分から両方の肩の部分・衿肩に余白を切り空けた部分を指します。, ちなみに繰越しは女性用着物に限った寸法で、和服の衿を抜いて着るため、衿肩あきを肩山から後身頃へ少しずらす形になります。, 着物では身頃が前と後ろに縫い付けられた形になっていますが、肩山はその中心のつなぎ目であり、身丈や袖丈は肩山を基準にして寸法が図られています。, 着物では首回りに施されている衿のデザインによって全体の印象が決まる事もあり、そのサイズやデザインはとても重要な要素とされています。, その為に和服の衿には細かな仕様があって、部位ごとに寸法を決めるのが一般的となっています。, 肩まわりから衽先より8cmほど下までの間に地衿を付け、さらに上側に表布と同じ布で覆いを付けて、衿まわりの汚れやいたみを防ぎます。, 基本的には見栄えの良さから高級な布地を掛けるのですが、現在では汚れや傷みを防ぐために本衿の上に掛ける様になりました。, 地衿とは本衿の上にカバーとして掛けてある共衿・掛け衿より下の部分の衿を指します。つまり着付けた時に衿が合わさった下部になります。, ちなみに地衿は表布をそのまま用いるのが一般的で、裁断した布を当てて柄に変化を持たせています。, 衿先(衿先)とは地衿の一番下の部分にあたります。つまり着物の衿の一番先端で、長着ではちょうど腰の辺りになります。, また女性用袷長着の衿裏の下端につける布を衿先という事もあり、ちなみに堅褄(たてづま)も衿先を意味する言葉です。, この袖の形やサイズによって着物の全体的なイメージが変わってくるために、寸法の合わせ方はとても重要になってきます。, 袖丈とは衽(おくみ)の衿先から裾までの長さの事です。袖の上下の長さを指していて、具体的には肩山から袖下までの寸法にあたります。, そこで振袖の場合は、この袖丈が長いほど格調が高いとされていて、大振袖・中振袖・小振袖などの種類に分かれています。, 着物の袖口は広めにゆったりと開けられるのが一般的で、和服の袖口は腕の動きや手のしぐさがよく見える様に強調する効果がります。, 袖幅とは袖の部分の横幅のことです。具体的には肩の袖付けから袖口までの寸法を指します。, そしてこの袖幅と肩幅を併せた寸法が裄(ゆき)になり、袖幅が肩幅よりサイズが若干大きいと、着付けた時の形が綺麗に見えるとされています。, 振り袖の振りとは、袖が身頃と縫いつながっている部分の下部、袖側の開口部を指します。, この部分が縫い込まれていない理由は、袖の中の通気性を確保するためと、動作やしぐさを美しく見せる効果もあります。, 袖付とは身頃に袖を縫い付けてある部分の寸法を指します。つまり脇の部分で袖と身頃を縫い合わせる部分の寸法です。, 女性は帯を結ぶ位置が高いので、5寸5分が一般的ですが、振袖は袖付の寸法をちゃんと決めないと見栄えが悪くなりがちです。, 着物の裏地は身頃の裏地の他に、八掛または裾回しと呼ばれる裏地があって、表地の柄とのコントラストがお洒落ポイントとなっています。, 見頃の合わせ目や袖や裾から覗く裏地にこだわる事で、一層の美しさやセンスの良さをアピールできます。, 胴裏とは袷の着物の裏地にあたる背中や胸周りに充てる白い布の事です。別名では奥裏とも呼ばれて、袷や綿入りの着物の裏地に使われています。, 左右の身頃と衽や衿先の裏側8か所に合せる事から、この部分を八掛(はっかけ)とも言って、表地を保護して、かつ裾や袖口の色のアクセントの役目にもなっています。, つまり後身頃や腰の辺りにつける裏地の布を指していて、ちょうどお尻の背縫い部分を保護する役目と、この部分が薄く透けて見えるのを防ぐ役割があります。, さて、ここまで着物の寸法に関する部位について説明をしてきました。ただし着物を購入する際に、これらすべての寸法を計る必要はありません。, これら7ケ所がポイントとなります。この部分のサイズを測るだけで、基本的に仕立てができます。, ただし古着やアンティークものの着物を選ぶ場合は、裄(ゆき)と身丈は正確に併せる事が肝心です。なぜならば昔の方と現代人との体形が違っていて、昔の人の方が小柄で胴長であったからです。, もちろん美しく着こなす場合はより多くの寸法を測るべきですが、市販の着物を選ぶ際は身長・裄丈・ヒップサイズの3つでOKです。, それは着物に各身長に応じた「並寸法」があるからです。ではこの3ポイントを押さえておきましょう。, まず身丈は身長の5~10㎝前後の範囲内に収めます。すると着物を着る時にたくし上げる、いわゆるおはしょりの部分が25㎝前後に調整できて決まるからです。, そして裄(ゆき)といって、手を伸ばした時の腕の寸法取りも大事です。こちらは実寸法の3㎝~5㎝前後の範囲内にします。, 3つ目は前幅・後ろ幅で、ここで着物の横幅を決めます。サイズの基準はヒップサイズより+13cmで計算すればほぼOKです。, 現在のお仕立て着物には、洋服と同じく号数や身長、あるいは体形などで適性サイズが用意されています。, サイズは大まかにS・M・Lと分かれていて、女性の場合はおはしょりの余白があるため、ある程度は体形の差異に対して融通が利きやすく、選びやすいというメリットかあります。, またもう少し細かくサイズ分けをするケースもあって、その場合はA・B・C・D・E・TLの6つのサイズで提供しています。, 着物の場合のSサイズは洋服のサイズとほぼ設定が同じです。そこでポイントとなる裄丈(ゆきたけ)の寸法は65㎝に設定されていて、身丈は151㎝の寸法になります。, このSサイズの着物に合う方は、身長が140㎝~150㎝の方です。つまり小柄でやせ形の体形向けにしつらえられているという事です。, なお実際に着物を着た時に、体形に合わずに緩すぎたとかキツメになる場合は、ある程度の仕立て直しが可能です。, ではMサイズの着物の基本寸法ですが、まず裄丈(ゆきたけ)が67㎝と、Sサイズよりも2cm長くなります。そして身丈は159㎝の設定になるのが一般的です。, 体系としては中肉中背の人に適したしつらえになっていますが、着付けた感じがしっくりとこない場合は、寸法が合っていない部分を測り直して仕立て直しができます。, 最後にLサイズの着物の寸法ですが、裄丈(ゆきたけ)が69㎝と、S・M・Lでは2cm刻みで長くなっています。そして身丈は167㎝に設定されています。, そこでLサイズの着物が合う方としては、身長が155㎝~170㎝となっていて、160cm前後の身長の方は、実質MかLで合わせやすい方を選ぶと良いでしょう。, 男物の着物を選ぶ場合は、先に説明した女性の着物のサイズの測り方と違いますのでご注意ください。, ポイントとしては、女性用の着物の場合は帯の部分のおはしょりがあるので身丈が身長よりも長くなりますが、男性用の着物にはおはしょりがないのです。, ですから男性用の着物を選ぶ際は、ご自分の身丈がそのまま着丈になるという事です。ただし裄(ゆき)の測り方は女性と同じになります。, 羽織のサイズは下に着る着物より1㎝大きいサイズにするのがコツです。そして着丈はご自分の身長の半分弱から、ひざ上20㎝ぐらいの範囲で選ぶと決まりやすいです。, ただし紋付羽織の場合は身長の半分に4~6㎝を足した長さにすると良いでしょう。また袖丈は着物より若干小さいサイズにします。裄(ゆき)は着物の裄より0.5㎝ほど長いサイズにします。, ただし羽織丈は年齢・体型・流行などによって加減が変わってきますので、格好良く決まる事をメインに選ぶべきでしょう。, 着物を美しく着付けるコツは、何と言っても自分の体型に合った着物を選ぶ事で、実際には着付けてみないと正確な事が分かり難いのです。, ただし先ほどから説明している通り、着物のサイズ合せの3つのポイントを押さえておけば何とかなります。, そこで多少のズレは着付けで調整ができる場合がありますし、大き過ぎる場合には仕立て直しで寸法を合わせる事もできます。, つまり着物選びの寸法合わせでは基本を押さえておいて、ズレがある場合でも仕立て直しができる範囲内のものを選ぶのが注意点となります。, 日本では明治・大正時代の人と戦後の世代の人とでは体形に違いがあり、昔の方は現代人と比べると平均身長が10cm以上は低く、やせ形の人が断然に多かったのです。, もちろん昔の上物着物にはオシャレでかわいいモノもたくさんあります。ですが身丈が寸足らずではキレイに着付けることが難しいです。, また袖幅や袖丈が自分が持っている長襦袢より小さいサイズの場合も、上手に着こなしをするのが難しい場合もあります。, 購入した着物が体にちょっと合っていない場合でも、仕立て直し・寸法直しをする事でちゃんとサイズ合せができます。, ちなみに仕立て直しが必要なケースとしては、長襦袢の袖が長くて着物の袖から出てしまうとか、長襦袢の丈の方が着物よりも長いため、裾からチラチラと見えてしまうなどの場合は、仕立て直しをした方が無難でしょう。, ただし、お直しにも許容範囲があります。その許容範囲は、着物の丈の場合でご自分の身長の±5~10㎝のズレまでです。, それ以上になりますとちょっと調整し難くなるでしょう。また裄は手首までの長さの±3㎝~5㎝とされています。, この点を注意して着物選びをすると失敗しないで済むでしょう。もちろん購入前に着付けをしてもらうのがポイントです。, 着物選びではご自分の体形に合わせたサイズ・寸法の着物を選ぶ事が肝心で、キレイに格好良く着付けるポイントだという事が分っていただけた事でしょう。, もしご自分のお家にもう着なくなってしまった着物などがあった場合にどうしますか。最近はネット上で中古着物の高額買取サイトが人気を集めています。そういったところに買取に出すのは得策かも知れません。, またこれから購入する着物についても、将来の買取査定を考えて購入するならばお得になるかもしれません。, ポイントは“着物のサイズが今のニーズと合っているかどうか”です。今までに述べてきたとおり、生地やデザインと並んで着物の購入で最も重要となる部分です。, ですが、着物には仕立て直しの自由度が洋服よりも高いために、例えピッタリサイズでなくてもその人に合せて美しく着直す事もできます。, 家にある着物をどこに査定依頼すれば高く売れるのでしょうか。まだ売るかわからないけど「値段だけ知りたい!」という方もいるでしょう。, そんなあなたには、筆者も何度も利用し、最も正確かつ高値で買取が可能な着物買取専門業者の『バイセル』がおすすめです。, お住まいの地域にもよりますが最短で30分の出張査定をしていて、あっという間に不要な着物を買い取ってもらえます。, プロの査定員が目の前で丁寧に査定してくれるので安心ですし、その場で適正な買取相場もわかります。対応も問題なくアフターフォローまで万全の体制です。さすが大手だといった印象です。, 挙げるとキリがないですが、正直なところ、着物買取業者の中でここまで徹底したサービスをしているのはバイセルだけです。, もし、他店の方が買取・査定価格が高い場合、損をした気持ちになりますがバイセルなら「他店より1円でも安ければ全品返却」なので安心です。, 「値段だけ知りたい!」でも問題なく対応してもらえます。着物の価値が高騰している今だからこそ、査定してもらう価値があると思います。, お家に眠っている着物があるなら、買取時期が遅れて損しないためにも、バイセルで正確な査定をしてもらいましょう。, 着物は流行の色・柄とかがニーズに合っていれば高額査定が付きやすいのは確かですが、それでも小さ過ぎるとか大き過ぎるサイズのモノは高値が付かないケースがあります。, なぜなら買い手の体のサイズに合わなければ、無理に買う人はいないからです。すると買取業者は寸法直しをして販売する必要が出ますので、その分だけ販売コストがかさみ、買取額も低くなるのは当然でしょう。, 着物の買取業者さんとしては、すぐに買手が付く着物を欲しがっています。その為には、ニーズが多いサイズの着物の方が高額査定になる可能性が高いという事です。, 現在の日本女性の平均身長は160cm前後あたりになっていて、このサイズの着物は比較的に良く売れるとされています。, 反対に身長が140cm以下のサイズの着物や、170cm以上の方の着物は売れ難くなる可能性があります。, その為に着物の買取専門業者さんには、極端にサイズの小さい着物を着物として売るメリットがないとして、結局端切れ扱いになってしまうケースもある事を知っておきましょう。.

Hotel U's 香櫨園, エア ウェイト 料金, ベスパ 専門店 東京, 8 月12日 イベント 神奈川, Paypay ユニクロ 還元率, プロスピ 球威a コンボ, サーチコンソール 表示回数 少ない, 半沢直樹 動画 Dailymotion 4話, プロスピ 中島 セレクション, 一人暮らし 鳥 おすすめ, 猛禽類 英語 一覧, サーチコンソール 表示回数 少ない, 今日 撮り鉄 山陽本線, イチロー 智 弁 和歌山 訪問, この世界の片隅に 考察 水原, 一人暮らし 鳥 おすすめ, 鴨 英語 料理, レポート 映画 参考文献 書き方, エブリィ カスタム 中古, 阿佐ヶ谷 や の しん 閉店, 阪急 石橋駅 電話番号, Lonely Night Zirafu ラインミュージック, 嵐山 トロッコ 予約状況, 琵琶湖 野鳥 冬, 映画 ブログ テンプレート, 2006年 日本 映画 ランキング, プロスピ2019 オンライン 打てない, Yell 合唱 Nコン, 菊名駅 時刻表 バス, ピアノ教室 ホームページ 自作, クレジットカード 明細 何を買ったか,

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *