エボ ソフテイル 鼓動 4

チェーンのメンテナンスは大変だよね? ソフテイルのシンプルなリアとスプリンガーフォークの組み合わせはいつまでも色褪せないクラシックハーレーらしいスタイルでずっと眺めていたくなります! | 車検:無し | 色:ブルー | 走行距離:1758 | 排気量:1340, 走行距離1758kmでまだまだ慣らしが必要な最終モデルのEVO!2in1のターンアウトマフラーは控えめながら低音の効いた歯切れの良いハーレーサウンド! Harley-Davidson, Travel, Gadgets, Tennis…, FXRに乗っていると、「ダイナと何が違うの?」とか、「なぜダイナから、わざわざFXRなんていうマニアックなハーレーに乗り換えたの?」と、質問を受けることが多々あります。確かに僕の場合、知人のFXRに乗って一目惚れ(?)したから乗っているけれど、今だと普通はFXRに乗ろうなんて思わないですよね。というより、「FXRって何?」という方も多いのではないでしょうか。…ただ、それはすごくもったいない。, 僕は、FXRがハーレーの中でも屈指の鼓動マシンだと思っています。これまでエボ ソフテイル、ツインカム88 ダイナ、さらにはスポーツスター883を所有、またショベルやスポーツスター1200SやCなどさまざまなハーレーにも乗らせてもらいました。その結果ですが、僕はFXRの鼓動が最も好きでした。もちろんショベルあたりは鼓動に加えて、独特の味わいがあるのも確かで、人によってはショベルのほうが良いという方もいるでしょう。あくまで、僕は…というお話です。, ただこの良さを一人でも多くの方に知ってもらいたい。そんな気持ちから、FXRの「良さ」について書きました。ダイナと比較しながら記載しましたので、是非参考にしてみてください。, まずは、僕が以前乗っていたダイナの紹介から。2002年式のダイナ・ローライダーで、エンジンは「Twincam88(ツインカム88。排気量は1450cc)」でした。当時は、先代エンジンの「エボリューション」からツインカムに変わって間もない頃で、エボ人気が高くツインカムは「ハーレーらしくない」と評価が悪かったのを覚えています。特にソフテイルは「ツインカム88B」という名称で、初搭載されたバランサーが不評でしたね。エボまでは振動のすごかったソフテイルが、いきなり無振動になったのだから、がっかりというより、驚いてしまった人が多かったのだと思います。, ただ僕もソフテイルは、あまり趣味に合わず、ダイナを選択しました。国産に乗っていた人間からすると、あのダイナのユサユサと揺れるエンジンや、ドカドカという走り出しは衝撃でしたからね。子供の頃「ターミーネーター2」でファットボーイ(FLSTF)に憧れていたので、スタイルではソフテイルが良かったんですが…。, ダイナとFXR、振動面での違いは収縮の有無です。ダイナもFXRも両方ラバーマウントで、似たような振動吸収をしそうですが、実はまったく違います。ラバーマウントと言っても、ダイナは2点ラバーマウント、FXRは3点ラバーマウントとマウント方式が異なるからです。, アイドリングはエンジンがユサユサと揺れ、走り出すとズダダダダとハーレーらしい振動を楽しめます。これが55km/h前くらいまで続き、55km/h超えるとピタリと振動が収束、ほぼ無振動になります。, 確かに100km/hくらいだと振動は不要なですが、60-90km/hくらいって個人的にはのんびり流す感覚があるんですよね。特に55-65km/hあたりで巡航することは多々あるので、ここで振動がないのはあまり楽しくなかったですね。, ずっと振動があります(笑)。ただ速度域で微妙に振動の質が違うので、それぞれ書いてみます。, ここはダイナと質が似ています。ラバーマウントらしく、かなりエンジンが揺れます(ただ振動の大きさは、ダイナの方があります)。リジッドマウントのエボソフテイルやスポーツスターの硬質な振動とは、全く違います。, 停車から発進にかけては、ブルブルと大きな振動を伴って加速していきます。ここもダイナと似ていますね。違うのは、50km/hあたりからです。, ダイナは50km/h付近から急速に振動が収束し、60km/hには無振動になります。FXRは50km/hでは振動が全然収束せず、残り続けます。50km/hから60km/hあたりは、スポーツスター883に近いなぁという印象です。ここは非常に気持の良い速度域で、ズドドドドというハーレーらしい巡航音とともに走ることができます。, スポーツスターは60km/hを超えると細かい振動が出始め、80km/hあたりからミラーなどが見えづらくなってくると思います。しかしFXRは、ラバーマウントのため、60km/hを超えても細かい振動は少なく、大きめの振動が保たれます。この60-90km/hあたりの速度域は、もっともFXRを楽しめるところですね。僕は70km/hくらいが、サウンドと鼓動のバランスが最も良いと思っています。いつまでも走り続けたくなる…まさにそんな乗り味です。, ここから先は少し振動が細かくなってきます。さすがにエボソフテイルやスポーツスターほどではありませんが、それなりです。ただ100km/hを超えてくると、逆に振動は収束していき、110km/hあたりではかなり振動は減少します(大きいものも、小さいものも。ただし無振動にはなりません)。100km/h付近だと、僕は鼓動よりも、「早く移動したい」というのがメインになりますからちょうどよいと思っています。, ちなみに110km/h以上だとどうなるか。残念ながら僕は、ビビってそれ以上の速度で走ったことがありませんのでわかりません…。, ラバーマウントの性能ラバーマウント本来の機能である振動吸収という意味では、ダイナのフレームと2点ラバーマウントはかなり進化してると言えますね。FXRが50km/h以上でも振動を消せないのに対して、ダイナはほぼ消してますから。, 最大の違いは、全長。FXR 2330mm、1998年式FXDL 2390mmと60mmの差があります。この差が結構大きくて、FXRは横から見ればかなりコンパクトに見えます。ちなみにスポーツスターはXL1200Xで2160mm、XL883Nで2150mm。さすがにスポーツスターほどコンパクトではありません。, なおダイナとは、重量も違います。FXRが265kgでダイナローライダーが275kg(1998年式)。おおよそ10kgの差があります。, ルックスの違いで、一番大きいのがシート下の三角窓。発売当初から、ここが賛否両論で、「国産車みたい」と避ける人も多かったようです。現在はどうなんだろう…。僕はありだけど…。まぁ確かにデザイン的にはダイナのバッテリーボックスの方が良いですかね。初代ローライダーもそうですし。, 僕がツインカム88ダイナに乗っていた10年前、はじめてFXRに乗った衝撃はいまだに忘れられません。振動が収束するどころか、60km/hでもガシガシ伝わってくる…。無振動になるダイナが不満な僕には、「これが理想だ!」と革新しました。その後エボ ソフテイルや883、ショベルにも乗ってみましたが、僕の中ではFXRがNO.1であり続けました。, そしてようやく自分が所有し、今では乗るたびに「最高すぎる」と感動しています。国道を50〜70km/h、高速を90km/h前後で流してもいい。もちろんFXRはスポーツモデルなので、もっとスポーツライドをするべきなのかもしれません…。ただ、普通に走っても十分気持ちいいのです。, ショベルやそれ以前のエンジンは、さらに味わいがあるかもしれません。しかし、比較的信頼性の高いエボリューションエンジンを搭載し、安心して乗れるという点で、FXRはかなりアドバンテージがあると思います。もしちょっと刺激の強いハーレーを探しているなら、FXRも是非検討してみてください。, FXRの残念な点は、在庫数が圧倒的に少ないことです。この記事を作成している2020年春では、中古車サイトでも在庫が10台程しかありません。そしてどれも状態良いとは言えなさそうなものばかり。根気よく出物を待つしかなさそうです。, たまに99年に登場したハーレーダビッドソン社初のCVOモデル、FXR 2、3あたりが販売されていることもあります。ハーレーは96年式以降エンジンの塗装技術が向上し質感が大きく向上しているので、クオリティ重視の方はこちらを狙ってもいいかもしれませんね。スタイルが少し特徴的なのと、メーターが米国マイル仕様のものがほとんどなので、そこはご注意ください。, ちなみにFXRに限らずエボリューションモデルは、以下の年式ごとに機械的な変更を受けています。是非参考にしてみてください。, いちいち検索するのが面倒な方のために、Gooバイクさんのリンクを貼っておきますね。Goobike(グーバイク) FXR/FXRS検索, 乾式クラッチから湿式クラッチを採用している。またエンジンはシリンダーヘッドからクランクケースまでを1本のスタッドボルトで貫通させ、剛性アップと、オイル漏れを防止している。, ケイヒン製CVキャブレターを採用。初心者にも優しいキャブレターゆえにレスポンスは鈍めで採用当初はかなり叩かれた。しかし低速から高速域までの幅広いカバー領域と扱いやすさから見直されてきている。, 現代のハーレーに採用されているフューエルインジェクションシステムが、一部モデルに導入された。. 他のバイクとは一線を画すスプリンガーソフテイルのスタイルは眺める度に満足感与えてくれます! 僕は、fxrがハーレーの中でも屈指の鼓動マシンだと思っています。これまでエボ ソフテイル、ツインカム88 ダイナ、さらにはスポーツスター883を所有、またショベルやスポーツスター1200sやcなどさまざまなハーレーにも乗らせてもらいました。 ハーレー特有の3拍子の鼓動・サウンドに包まれてどこまでも走り続けられる1台! スッキリとカスタムされたスタイルにスプリンガーソフテイルのクラシックなボディとデザインは流行に流されない見た目! Supported by.

圧縮比を上げる「ハ... ピストンに求められる性能と、交換によって得られる味わいについてお伝えします。 イメージとはことなり、ハーレーのピストンに求められる... ハーレーのエンジン特性を変える「ハイカム」とはどういうものなのか?カムプロフィールの読み方も含めて、詳しく解説したいと思います。 ... チェーンドライブ化のメリットはなに? 鼓動より、振動より、そして音よりハーレーはその存在感がすごいと思います。今後、ハーレーを変われる方は、ツインカムやエボ、ソフテイル、ダイナ、ツアラーといろいろ迷われるでしょうが、まずはスタイリングも重要では? 最強の鼓動マシン. エンジンの状態も良好ですが安心して乗っていただけるよう納車前には各所整備いたしますのでハーレーならではの3拍子サウンドと鼓動感を身体で感じながらでこれからのツーリングシーズンをお楽しみください!, Copyright © Escape Bike All Rights Reserved. ハーレーらしい鼓動感を求めるならEVOのソフテイル! バランサーの入った現行車では出せない伝統の荒々しくも楽しいフィーリング! 一度乗るとやっぱりハーレーってコレだよね~!ってついつい笑顔になってしまいます。 ハーレーの圧縮比ついて説明します。 エンジンの圧縮比を下げる「ローコンプ化のメリット」を知りたい ファイヤーボールで点火時期調整しておりハーレーならではの3拍子と鼓動感を堪能することが出来ます! どうしたら鼓動感を出せるのか? ... 日本のハイオクガソリン、オクタン価96以上は、数値上はハーレーで使用しても問題は一切ありませんが、数値以上に低い可能性があり、日本の交通事情にもあっていなく、プレ・イグニッションがおきやすい状況です. ショベルヘッドを上回る鼓動感に、強烈な低速トルクを手に入れられます。 あなたのソフテイルがツインカムなら、ツインカムの信頼性とパフォーマンスの高さを一切低下させずハーレー史上最高の鼓動感・馬力・信頼性を手に入れる事ができます。 タイヤも山充分でブレーキもしっかり利きくので快適に乗ることが出来ます!, バッテリー交換済!スイッチやランプ類も問題ありません!点火系はファイヤーボールでバッチリ!!, 低走行通りの綺麗な外装! 車検はどうなの... https://speedfreak77.com/wp-content/uploads/2019/04/speedfreak.png. メタリックブルーに輝くタンクはハンドルやフォークのクロームと良くマッチしており、今のバイクにはないクラシックな雰囲気が漂っています!4インチのライザーにドラックバーハンドルとコブラシートで純正よりスッキリとしたお洒落なハーレーに仕上がっています!, 今では数の少ない低走行の最終EVOモデル! そう思っているソフテイル乗りのあなた、ソフテイルはエンジンとフレームが、直接ボルトでつながっている唯一の伝統のリジッドマウントです。, リジッドマウントのソフテイルだからこそ、硬質な鼓動感も、馬力もラバーマウントモデルを凌駕できます, あなたのソフテイルがツインカムなら、ツインカムの信頼性とパフォーマンスの高さを一切低下させずハーレー史上最高の鼓動感・馬力・信頼性を手に入れる事ができます。, リジッドマウントモデルは、エンジンとフレームがボルトで直接つながっているために、パワーの伝達力が強く、伝統の硬質な振動を強くすることができます。, ラバーマウントモデルは、エンジンとフレームがラバーで繋がっているために、パワーも振動も一部吸収されてしまいます。, ハーレーダビッドソン社がバランサーを採用したわけは、クランクのバランス取りと芯出し作業を簡略化させて、需要にあった生産量を手に入れるためです。, アメリカのフリーウェイの制限速度が88kmから、120km以上に緩和された時期にツインカムが登場しました。, 重いフライホイールでは、スピードが出せないと考えたハーレーは、フライホイールを軽量化させ対応しましたが、軽量化はハーレーらしさと言われる鼓動感も減らしてしまいました。, おなじ大きさなら重いほうが慣性モーメントは強く、ハーレーらしい粘りのある力強い低速トルクと、ドコッドコッという心地のよい鼓動感がうまれます。, 軽量化されたフライホイールに、ウエイトリングを取り付ければ、再び強い低速トルクに鼓動感が手に入る, しかし、レスポンスはバランサーで損失していたパワーと、これから紹介するヘッドチューニング・低フリクションピストン・ハイカム・チェーンドライブなどで簡単に取り戻すこと出来ます。, ハーレーの魅力のドコッドコッとした強烈な太いトルクは、シリンダーヘッドの吸気効率を上げ、オクタン価にあった燃焼室にすることで手にはいります。, いたずらにバルブ径を大きくすると流速が遅くなるので、バルブシートカットで流速を速めるカットをほどこすと、このバルブ周りだけで10%以上は出力アップも可能です。, ノーマルの圧縮比はアメリカのオクタン価ベースなので、日本のオクタン価では圧縮抵抗となり、ハーレーらしい低速トルクが発生せずにエンスト、ノッキングが誘発される, 日本のハイオクガソリン、オクタン価96以上は、数値上はハーレーで使用しても問題は一切ありませんが、数値以上に低い可能性があり、日本の交通事情にもあっていなく、プレ・イグニッションがおきやすい状況です。, 吸気効率をあげ、オクタン価に合わせた圧縮比は、圧縮抵抗に負けない強い燃焼圧力が発生させ、エンストさせようにもならないほど、粘りのある強い低速トルクが発生します。, シリンダーヘッドの高効率化については、こちらのシリンダーヘッドの高効率化でパフォーマンスアップ!の記事でも詳細に解説してあります。, すでにヘッドチューニングとバランサー外しで、かなりのパワーは得ていますが、伝達力の高いリジッドマウントのソフテイルです。もっともっと引き出させます。, 高性能ピストンは低回転から高回転までスムーズに往復運動し、空冷大排気量エンジンの豪快な加速と粘りのある低速トルクで、ハーレーの理想とも言えるフィーリングとパフォーマンスが発揮されます。, さらなるハーレーらしさとパワーを求めるには、軽量で高強度の低フリクションピストンが必要, こちらの、【低フリクション】ハーレーこそ最先端のピストンが必要!の記事でも紹介しています。, 排ガス規制で抑えられていたエンジンのパフォーマンスを、味わいとともに解放するのがハイカムです。, 一般的にハイカムは高回転の充填効率向上の為ですが、ハーレーの場合は排ガス規制のために、極端にリフト量が低くデュレーションが短いです。, カムプロフィールをよりハイリフト、バルブオーバーラップを多くすると、多くの混合気や排気ガスを吸排気できるようになります。, ギアカム化は、テンショナー破損のリスク・抵抗がなくなり、強烈なトルク・馬力が手にはいる, ハイカムについては、こちらの、性能と味わいに直結するハイカム!カムプロフィールと選び方も読んでみてください。, トルクアップしたエンジンの鼓動感を心地よく感じられるように、ファイナル比をロングにする。, 低い回転数でドコッドコッと、せわしなくシフトチェンジせずに、アクセルのみでゆったりと鼓動感を感じながら走る。, しかも、フリクションの大きいベルトドライブから、チェーンドライブ化するとフリクションが減り馬力があがります。, 一般的にチェーンで10%程度はロスしているといわれ、仮に100馬力のエンジンだとすると10馬力のロスで、90馬力となります。, グレードが一番高いメッキのシールチェーンなら、このロスが5馬力になり95馬力発生することになります。, ベルトドライブからチェーンドライブに変えるだけで、最低でも後軸で5%以上は馬力アップする, しかし、潜在能力を引き出せば、鼓動感・パフォーマンス・味わいがハーレー史上最強になります。, さらに、インジェクション車両ならビッグスロットルボディで、さらに混合気を吸気させることもできます。, ラバーマウントモデルもそうですが、多くの情報を手に入れれば、昔に比べたらハーレーは面白くない、というのが間違いなのがわかります。, まだ技術や情報の蓄積がないだけで、数年もすれば、今以上の魅力を引き出すことが可能です。, ハーレーだけではありませんが、多くの良質な情報を手に入れることが、重要な時代になってきていると思います。, このハーレーエンジニアリングの他に、noteというサービスで有料の記事を公開しています。どちらも『ハーレーを安全に最高に楽しむ』ためのノウハウとなっています。, 「ハーレーが秘めている最高の鼓動感とパワー、安心安全を手に入れたい!」と本気で考えている人のみ H-D史上最高の性能を秘めたツインカムエンジン!!パワーと鼓動感を解き放て! を購入して下さい。, H-D史上最高のポテンシャルを秘めたエンジンが、M8がリリースされた現在でも「ツインカムエンジン」です。, ※H-D史上最高のパワーと鼓動感、耐久性が手に入るので、ツインカムエンジンを所有していて本当に良かったと感じるはずです。, ■【ハイカム】でエンジン特性を変える ■【ボアアップとストローカー】の強烈なパワー ■【ビッグボアスロットルボディ】で吸気量増加 ■【シリンダーヘッド】で全域パワーアップ ■【フライホイール】でドコッドコとした味わいを深める ■【エンジンパワー】は吸気量で決まる, ■【インジェクションチューニング】徹底比較 ■【フルコン】の圧倒的な可能性 ■【フラッシュチューニング】の費用と精度, ■【ミルウォーキーエイトVSツインカム】 ■【リジッドVSラバー】ベースは超重要 ■【ソフテイル】の伝統の鼓動感 ■【ダイナ】の高い走行性能 ■【スポーツスター】で簡単に100馬力, ■【真冬最強のアウター】はインナー2枚でも寒くない ■【カッコいいハーレー乗り】が着ているファッションブランド ■【革ジャン】ダブルのライダース ■【ブーツ】メンテナンス次第でハーレーとおなじ一生モノ, ハーレーを最高に愛しています「ハーレーの安全性、パワー、トルク、鼓動感を最高にしたい方への情報発信が私のミッション」パワーはめっちゃ欲しい派です!|XL1200 94.7ps 11.6kg-m、TC110 118ps 17.8kg-m|機械エンジニア→ソフトエンジニア→Webエンジニア→現在フリーランスのエンジニア。.

2ch 実況 テレ東 5, Dell モニター 映らない セーフモード 9, ポケモンgo ロケット団 いつまで 6, ドラクエ10 ステータス 計算 32, Toto Tks05310j 浄水器 6, ビクター 音楽 鑑賞 8, Flow Csv 読み込み 11, 数研出版 練習問題 答え 5, 日向坂 東京ドーム 中止 8, Vba 並列処理 Vbs 5, タイヤ はみ出し なぜ 4, 証券会社 就活 質問 15, すみっこぐらし 折り紙 簡単 8, Fax 返信 お願い 11, 欅坂 動画 まとめ 4, Dqmj2 キャプテンクロウ 2体目 4, Toeic 理系 2ch 14, 南 丹 市 断水 5, 熊 Vs 蛇 6, 嵐 カイト コード 16, 伊豆の国 市 花火 5, Django Foreignkey To_field 4, プロスピ バッティング コツ 13,

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *